世界の旅客機図鑑

航空会社別写真集 アラスカ航空

 

アラスカ航空 Alaska Airlines(AS/ASA) 

アラスカ航空は、アメリカ合衆国の シアトル・タコマ国際空港および、アンカレッジ空港を拠点にしている航空会社です。設立は、1932年にアンカレッジ(Anchorage)とブリストル・ベイ(Bristol Bay)を結ぶ「マクジー航空」(McGee Airways)としてですが、その後、合併を繰り返すなどして、成長してきました。
アラスカ航空の機材は、ここでも開催しているMD83型などが主流でしたが、機材の更新を進め、B737の新世代機、特にB737-800型を多数保有しています。そのため、同社の保有する737の平均機齢は、全米の主要航空会社の中でも新しいという評判があります。それに伴い、MD-83は、2008年10月に前期退役が終了しました。シアトルと並ぶアラスカ航空のハブであるアンカレッジ空港は、テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港(Ted Stevens Anchorage International Airport)
と呼ばれています。これはアラスカ州の発展に功績があった同州選出のテッド・スティーブンス上院議員の名を冠するように2000年に改名されたためです。

 

アラスカ航空、MD-83(DC-9-83)(N977AS) アラスカ航空MD-83(DC-9-83)(N977AS).エンジン形式PW.JT8D-219.ロスアンゼルス国際空港.2000
Alaska Airlines(AS/ASA).MD-83(DC-9-83)(N977AS) .powerd by PW.JT8D-219.Los Angeles International Airport(LAX/KLAX).U.S.A.2000
【凡例】※全て判明分のみ記載
航空会社名.(国籍).機種名.(登録記号).
エンジン(数、エンジンメーカー、形式)
座席( F:ファーストクラス.C:ビジネスクラス.PY:プレミアムエコノミー.Y:エコノミークラス)
前籍(その機体が以前に持っていた登録記号があれば記載)
製造(工場からの出荷年), 最大離陸重量. 撮影場所(撮影国). 撮影年
【Description】
Name of airline.
(Airline code :IATA/ICAO).
Name of Country.
Type of aircraft.(Registration number)

powered by:number of engines.manufacturer.a exact type of engines
mtow:maximum take-off weight
config:a exact seating-configuration
preID:previous identity( registration number)
mfd:month and year of manufacture
at XXX airport
:airport name(IATA code(3-letter)/ICAO (4-letter)).Country.Photo taken year.

 

このサイトについて | サイトマップ | 著作権について | 連絡先 | ©2010 BUNBUN Media Factory Inc.