世界の旅客機図鑑

航空会社別写真集 フィリピン航空

 

フィリピン航空 Philippine Airlines(PR/PAL)

フィリピン航空はマニラのニノイ・アキノ国際空港を拠点とする、フィリピンのフラッグキャリアです。1941年というアジアで最も古い設立で、1947年にはマドリード線という、アジア初のヨーロッパ線を開設したなど、輝かしい歴史を誇ります。ただし、1998年のアジア通貨危機の際、資金繰りが悪化し、倒産(会社更生法を申請)。それも経営側のスト・賃上げ10年凍結の提案に組合が反発。その結果、経営陣は組合員の解雇及び全路線運航停止を発表しました。結果的に年内に国際線は復活するのですが、厳密に言うと会社としての歴史は一度途切れることになります。とはいうものの2001年には創立60周年を祝っていたので、一般的にいってずっと存続していた、ということになっています。もう一つ残念な話は、EUにより「安全に問題あり」として、他の全てのフィリピンの航空会社とともに2010年3月30日からのEU域内への乗り入れ禁止が決定されてしまっているところです。何となくわからない話でもないところがつらいところです。
 実際に搭乗した感想ですが、機材は比較的新しく、機内サービスも期待以上でした。ただ、大手アライアンスに加盟していないのでマイルが加算できず(フィリピン航空独自のマイレージサービスはありますが)少々残念な気がしました。機内で配られたおみやげは、手荷物を持つときのグリップカバー(とでも言うのでしょうか)。うまく説明できませんが、厚手の10cm四方の布地の一端にマジックテープがついていて、たくさんの紙袋やレジ袋を手に持つとき、これにくるんで持てば手が痛くない!というものです。要するに「日本人のみなさん。手に持てないくらいたくさん買い物をしていって!」というメッセージととれました。気持ちはわからなくはありませんが・・・。

フィリピン航空.(フィリピン).ボーイング737-3Y0(EI-BZF).エンジン形式CFMI.CFM56-3B1.座席Y141..ニノイ・アキノ国際空港(フィリピン).1999
Philippine Airlines(PR/PAL).Philippines.BOEING737-3Y0(EI-BZF).powered by CFMI.CFM56-3B1.seats:Y141.at Ninoy Aquino International airport(MNL/RPLL).Philippines.1999

フィリピン航空.(フィリピン).ボーイング777-3F6ER(PR-C-7774).成田国際空港 2013
Philippine Airlines (PR/PAL).Philippines.BOEING777-3F6ER(PR-C-7774).at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan 2013
フィリピン航空.(フィリピン).エアバスA321-213(RP-C9918).成田国際空港.2016
Philippine Airlines(PR/PAL).Philippines.Airbus Industrie A321-213(PR-C9918).at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan.2016
フィリピン航空.(フィリピン).エアバスA330-343(RP-C8760).成田国際空港.2017
Philippine Airlines(PR/PAL).Philippines.Airbus Industrie A330-343(PR-C8760).at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan.2017
フィリピン航空.(フィリピン).エアバスA330-343(RP-C8766).成田国際空港.2017
Philippine Airlines(PR/PAL).Philippines.Airbus Industrie A330-343(PR-C8766).at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan.2017
フィリピン航空.(フィリピン).エアバスA330-343(RP-C8771).成田国際空港.2016
Philippine Airlines(PR/PAL).Philippines.Airbus Industrie A330-343(PR-C8771).at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan.2016
フィリピン航空.(フィリピン).エアバスA330-343(RP-C8765).関西国際空港.2016
Philippine Airlines(PR/PAL).Philippines.Airbus Industrie A330-343(PR-C8765).at Kansai International Airport(KIX/RJBB).Japan.2016
フィリピン航空.(フィリピン).エアバスA330-301(RP-C3333).エンジン:2.GE.CF6-80E1A2.座席:C42Y260.製造:1997.前籍:F-OHZP.最大離陸重量:215000kg.成田国際空港.2011
Philippine Airlines(PR/PAL).Philippines.Airbus Industrie A330-301(F-OHZN).powered by2 GE.CF6-80E1A2.config:C42Y260.mfd:1997.mtow:215000kg.preID:F-OHZP.at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan 2011
フィリピン航空.(フィリピン).エアバスA330-301(F-OHZN).エンジン:2.GE.CF6-80E1A2.座席:C48Y230.製造:1997.最大離陸重量:215000kg.成田国際空港.1999
Philippine Airlines(PR/PAL).Philippines.Airbus Industrie A330-301(F-OHZN).powered by2 GE.CF6-80E1A2.config:C48Y230.mfd:1997.mtow:215000kg.at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan 1999
フィリピン航空.(フィリピン).エアバスA330-301(F-OHZO).エンジン形式GE.CF6-80E1A2.座席C48Y230..ニノイ・アキノ国際空港(フィリピン).1999
Philippine Airlines(PR/PAL).Philippines.Airbus Industrie A330-301(F-OHZO).powered by GR.CF6-80E1A2.seats:C48Y220.at Ninoy Aquino International Airport(MNL/RPLL).Philippines.1999

 

【凡例】
航空会社名.(国籍).機種名.(登録記号).
エンジン(数、エンジンメーカー、形式)
座席( F:ファーストクラス.C:ビジネスクラスY:エコノミークラス)
前籍:その機体が以前に持っていた登録記号があれば記載
製造(工場出荷年),最大離陸重量.撮影場所(空港コード).撮影国.撮影年
【Description】
Name of airline.(Airline code
IATA/ICAO).Name of Country.Type of aircraft.(Registration)
powered by:number of engines.manufacturer.a exact type of engines
mtow:maximum take-off weight
config:a exact seating-configuration
preID:previous identity.previous registrations
mfd:month and year of manufacture
at *** airport
:airport name(IATA airport code(3-letter)/ICAO code(4-letter))

10

このサイトについて | サイトマップ | 著作権について | 連絡先 | ©2017 BUNBUN Media Factory Inc.