世界の旅客機図鑑

機種別写真集

ATR-72

ATR72は、ヨーロッパのATR社の双発型ターボプロップ機です。先行開発されたATR42の改良機で、胴体を延長し、エンジンを強化したものです。ちなみに72、42というのは、標準的な定員数を表しています。この機体の最大のセールスポイントは燃費と価格で、安く買える低燃費な機体、とのことです。1988年に初飛行を遂げて以来、現在でも開発が続けられており、100シリーズにはじまり、200、210、500、そして現在は600シリーズが導入されています。この機体の話題としてどうしても触れなくてはならないのは、事故率の高さ。特に認定されている有名な話は、寒冷地における弱さです。1994年のアメリカンイーグル4184便墜落事故は、着氷除去装置の面積不足という問題から、除氷が不十分となりそれが原因で失速、墜落、という過程が解明されています。その後、改善しましたが、2012年にロシアのUTエアー120便において、除氷装置の作動忘れによる墜落事故も起こってしまいました。
。最近では、2012年に台湾の復興航空235便が、離陸時に片側のエンジンが停止してしまった後、パイロットが誤って、正常なエンジンを、自ら停止させてしまい、高速道路をかすめて墜落した画像は、全世界に強烈な印象を与えてしまっています。

アエロ・カリビアン航空(キューバ).ATR72-212(CU-T1544).エンジン:2.PWC.PW127.座席:Y70.製造:1996.最大離陸重量:21500kg.ホセ・マルティ国際空港(IATA:HAV/ICAO:MUHA),ハバナ,キューバ .2014
Aero Caribbean(7L/CRN).Cuba.ATR72-212(CU-T1544).powered by 2.PWC.PW127.config:Y70.mfd:1996.mtow:21500kg.at Aeropuerto Internacional Jose Marti(IATA:HAV/ICAO:MUHA).Havana.Cuba.2014

ノックエア(タイ).ATR-72-500(HS-DRD)バンコク・ドンムアン空港.バンコク.タイ.2017
Nok Air (DD/NOK).Thai.ATR-72-500(HS-DRD) at Don Mueang International Airport(DMK/VTMD).Bangkok.Thailand.2017


ラオス国営航空 (ラオス).ATR72-500(RDPL-34175).ルアンパバーン国際空港.ルアンパバーン.ラオス.2017
Lao Airlines (QV/LAO).Laos.ATR-72-500(RDPL-34175)at Luang Prabang International Airport(LPQ/VLLB).Luang Prabang.Lao People's Democratic Republic.2017

ラオス国営航空
(ラオス).ATR72-500(RDPL-34222).ルアンパバーン国際空港.ルアンパバーン.ラオス.2017
Lao Airlines (QV/LAO).Laos.ATR-72-500(RDPL-34222)at Luang Prabang International Airport(LPQ/VLLB).Luang Prabang.Lao People's Democratic Republic.2017

バンコクエアウェイズ(タイ).ATR72-600(HS-PZB).シェムリアップ国際空港.シェムリアップ.カンボジア.2015
Bangkok Airways(PG/BKP).Thailand.ATR72-600(HZ-PZB) at Siem Reap International Airport(REP/VDSR).Siem Reap.Cambodia.2015

ファイヤーフライ(マレーシア).ATR72-500(9M-FYB) ファイヤーフライ(マレーシア).ATR72-500(9M-FYB).エンジン:2.PWC.PW127M.座席:Y72.前籍:F-WWED.製造:2008.最大離陸重量:22800kg.スルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港(マレーシア).2010
firefly(FY/FFM).Malaysia.ATR72-500(9M-FYB).powered by 2.PWC.PW127M.config:Y72.preID:F-WWED.mfd:2008.mtow:22800kg.Sultan Abdul Aziz Shah Airport(SZB/WMSA.)Malaysia.2010
ファイヤーフライ(マレーシア).ATR72-500(9M-FYC) ファイヤーフライ(マレーシア).ATR72-500(9M-FYC).エンジン:2.PWC.PW127M.座席:Y72.前籍:F-WWEK.製造:2008.最大離陸重量:22800kg.スルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港(マレーシア).2010
firefly(FY/FFM).Malaysia.ATR72-500(9M-FYC).powered by 2.PWC.PW127M.config:Y72.preID:F-WWEK.mfd:2008.mtow:22800kg.Sultan Abdul Aziz Shah Airport(SZB/WMSA.)Malaysia.2010
ユーロウイングス(ドイツ).ATR-72-500(72-212A)(D-ANFJ) ユーロウイングス(ドイツ).ATR-72-500(72-212A)(D-ANFJ).エンジン形式PWC.PW127F.座席CY68.スキポール空港.オランダ.2002
EUROWINGS(EW/EWG).Germany.ATR-72-500(72-212A)(D-ANFJ).powered by PWC.PW127F.seats:CY68.at Luchthaven Schiphol Airport(AMS/EHAM).Netherlands.2002
トリップ航空(ブラジル).ATR-72-212(PR-TTJ).グアルーリョス国際空港.サンパウロ.ブラジル.2012
TRIP Linhas Aereas(T4/TIB).Brazil.ATR-72-212(PR-TTJ) at Aeroporto Internacional de Guarulhos(GRU/SBGR).Sao paulo.Brazil.2012
BQB 航空(ウルグアイ).ATR72-500(CX-JPL) BQB 航空(ウルグアイ).ATR72-500(CX-JPL).エンジン:2.PWC.PW127M.座席:Y74.前籍:F-WWEF.製造:2010.最大離陸重量:22800kg.ブエノスアイレス・ジョージニュベリー空港(アルゼンチン).2012
BQB Lineas Aereas(5Q/BQB).Uruguay.ATR72-500(CX-JPL).powered by 2.PWC.PW127M.config:Y74.preID:F-WWEF.mfd:2010.mtow:22800kg.at Aeroparque Jorge Newbery(AEP/SABE).Aregentina.2012
【凡例】※全て判明分のみ記載
航空会社名.(国籍).機種名.(登録記号).
エンジン(数、エンジンメーカー、形式)
座席( F:ファーストクラス.C:ビジネスクラス.PY:プレミアムエコノミー.Y:エコノミークラス)
前籍(その機体が以前に持っていた登録記号があれば記載)
製造(工場からの出荷年), 最大離陸重量. 撮影場所(撮影国). 撮影年
【Description】
Name of airline.
(Airline code :IATA/ICAO).
Name of Country.
Type of aircraft.(Registration number)

powered by:number of engines.manufacturer.a exact type of engines
mtow:maximum take-off weight
config:a exact seating-configuration
preID:previous identity( registration number)
mfd:month and year of manufacture
at XXX airport
:airport name(IATA code(3-letter)/ICAO (4-letter)).Country.Photo taken year

10

このサイトについて | サイトマップ | 著作権について | 連絡先 | ©2017 BUNBUN Media Factory Inc.