世界の旅客機図鑑

機種別写真集

ボーイング 737-200  Boeing737-200 

アメリカ、ボーイング社が1960年代に開発した双発小型ジェット旅客機です。737-100型とともに第1世代737と呼ばれています。先に開発したボーイング707と同じ胴体を使い、より少ない需要に対応するものとして作られました。-200型は-100型よりも全長が30.5mと1.9m長く、航続距離も長くしたタイプですが、基本的には同じ構造です。1967年から製造が開始された-100型、-200型に対して、より性能を高めたアドバンス型(-200 Advanced)が1971年から作られました。このアドバンス型は日本でも全日本空輸、日本近距離航空、南西航空などで使用され、1988年まで作られました。第二世代、第三世代の737との外見上の大きな違いは、やはりエンジンでしょう。バイパス比の低い、つまり直径が小さいエンジンがちょこんと付いている姿は、何とも言えない印象を持ちます。さすがに40年以上も経ちますので現在も現役で飛んでいる機体を見ることは非常にまれになっていますが、アフリカや南米の一部で見ることができます。

 

アビアクサ(メキシコ).ボーイング737-201(XA-UAA).メキシコ・シティ国際空港メキシコシティ,メキシコ.2014.
AVIACSA(6A/CHP).Mexico.Boeing737-201(XA-UAA).at
Aeropuerto Internacional de la Ciudad de México(IATA:MEX/ICAO:MMMX).Mexico city.Mexico.2014
アビアクサ(メキシコ).ボーイング737-219Adv(XA-TWO).メキシコ・シティ国際空港メキシコシティ,メキシコ.2014.
AVIACSA(6A/CHP).Mexico.Boeing737-219Adv(XA-TWO).at
Aeropuerto Internacional de la Ciudad de México(IATA:MEX/ICAO:MMMX).Mexico city.Mexico.2014
詳細不明機(メキシコ空軍所属).メキシコ.ボーイング737-200.メキシコ・シティ国際空港メキシコシティ,メキシコ.2014.
FUERZA AEREA MEXICANA(3520).BOEING737-200 .at
Aeropuerto Internacional de la Ciudad de México(IATA:MEX/ICAO:MMMX).Mexico city.Mexico.2014
詳細不明機(南アフリカ国籍).ボーイング737-201Adv(ZS-IJA).ORタンボ空港.ヨハネスブルグ.南アフリカ.2013
Airline unclear(South Africa) .Boeing737-201Adv(ZS-IJA).
at O.R. Tambo International Airport(Johannesburg International Airport)(IATA:JNB/ICAO:FAOR).Johannesburg.SouthAfrica.2013
エア・ジンバブエ(ジンバブエ).ボーイング737-2ND Adv.(Z-WPA).エンジン:2.PW JT8D-17A.座席:C16Y88.前籍:C9-BAG.製造:1986.最大離陸重量:53070kg.ビクトリアフォールス空港.ジンバブエ.2013
Air Zimbabwe (UM/AZW)Zimbabwe.Boeing737-2ND Adv
(Z-WPA).).powered by 2.PW JT8D-17A..config:C16Y88.mfd:1986.:mtow:53070kg.at Victoria Falls Airport. Victoria Falls, Zimbabwe (IATA: VFA/ ICAO: FVFA).2013
アエロコンテネンテ(ペルー).ボーイング737-281 (P4-ARA/OB-1746) アエロコンテネンテ(ペルー).ボーイング737-281 (P4-ARA/OB-1746).エンジン形式PW.JT8D-9A.座席Y125.ホルヘ・チャベス国際空港(ペルー.リマ)1999
Aero Continente(N6/ACQ)Peru.Boeing737-281(P4-ARA/OB-1746).powered by PW.JT8D-9A.seat:Y125.at Jorge Chávez International Airport(Aeropuerto Internacional Jorge Chávez)(LIM/SPIM).Peru.1999
チュニスエア(チュニジア).ボーイング737-2H3A(TS-IOF)

チュニスエア(チュニジア).ボーイング737-2H3A(TS-IOF).エンジン形式PW.JT8D-17.座席Y126.チュニス・カルタゴ国際空港(チュニジア).2000
Tunisair(TU/TAR)Tunisia.Boeing737-2H3A(TS-IOF).powered by PW.JT8D-17.seat:Y126.atTunis-Carthage International Airport(TUN/DTTA).Tunisia.2000

エアフィリピン航空(フィリピン) ボーイング737-222 (RP-C1938). エアフィリピン航空(フィリピン) ボーイング737-222 (RP-C1938).エンジン形式PW.JT8D-7B.ニノイ・アキノ国際空港(フィリピン) 1999
Air Philippines(2P/GAP)Philippines.Boeing737-222(RP-C1938.)powered by PW.JT8D-7B.at Ninoy Aquino International Airport(MNL/RPLL).Philippines.1999

【凡例】※全て判明分のみ記載
航空会社名.(国籍).機種名.(登録記号).
エンジン(数、エンジンメーカー、形式)
座席( F:ファーストクラス.C:ビジネスクラス.PY:プレミアムエコノミー.Y:エコノミークラス)
前籍(その機体が以前に持っていた登録記号があれば記載)
製造(工場からの出荷年), 最大離陸重量. 撮影場所(撮影国). 撮影年
【Description】
Name of airline.
(Airline code :IATA/ICAO).
Name of Country.
Type of aircraft.(Registration number)

powered by:number of engines.manufacturer.a exact type of engines
mtow:maximum take-off weight
config:a exact seating-configuration
preID:previous identity( registration number)
mfd:month and year of manufacture
at XXX airport
:airport name(IATA code(3-letter)/ICAO (4-letter)).Country.Photo taken year

8

このサイトについて | サイトマップ | 著作権について | 連絡先 | ©2017 BUNBUN Media Factory Inc.