世界の旅客機図鑑

機種別写真集

ボーイング767-200   BOEING767-200

ボーイング767(Boeing 767)は、アメリカ合衆国のボーイング社によって1981年より製造されている中型双発旅客機。客室最大幅が4.7mあり、2-3-2の座席を設けることができるセミワイドボディ機と呼ばれる大きさです。通路が2本になることにより、真ん中に座らなくてはならない乗客が減る(搭乗率83%以上にならなければ、窓側か通路側に座ることができる)との論理です。開発当初は日本の企業参加比率が50%となる、との話も出たくらい、日本との共同開発に積極的でしたが、様々な経済情勢の変化があり、最終的には15%ほどが日本企業の割合になっているそうです。同時期に開発されたボーイング757とともに、2人乗務を基本としたグラスコックピットの採用もこの機種の大きな特徴です。この-200型は一番最初の機種にあたり、その後、航続距離を伸ばした-200ER型や、胴体を6.43m延長した-300型、その航続距離延長型の-300ER型、300型よりさらに6.43m伸ばして、コックピットをB777と同じにした-400ER型などが造られています。

エルアル イスラエル航空(イスラエル).ボーイング767-258(4X-EAA) エルアル イスラエル航空(イスラエル).ボーイング767-258(4X-EAA).エンジン:2PW JT9D-7R4D.座席:C24Y189.製造1983.前籍N6066Z.最大離陸重量:140613kg.スキポール空港.オランダ.アムステルダム.2002
EL AL Israel Airlines(LY/ELY)Israel.BOEING767-258(4X-EAA).powered by 2PW.JT9D-7R4D.config:C24Y189.mfd:1983.preID:N6066Z.mtow:140613kg.at Luchthaven Schiphol Airport(AMS/EHAM).Netherlands.2002
日本航空(日本) ボーイング767-246(JA8232) 日本航空(日本) ボーイング767-246(JA8232).エンジン:2.PW.JT9D-7R4D.座席:Y219.製造:1985.最大離陸重量:136077kg.成田国際空港.2008
Japan Air Lines(JL/JAL).Japan.BOEING767-246(JA8232).powered by 2.PW.JT9D-7R4D.config:Y219.mfd:1985.mtow:136077kg..at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan 2008

【凡例】※全て判明分のみ記載
航空会社名.(国籍).機種名.(登録記号).
エンジン(数、エンジンメーカー、形式)
座席( F:ファーストクラス.C:ビジネスクラス.PY:プレミアムエコノミー.Y:エコノミークラス)
前籍(その機体が以前に持っていた登録記号があれば記載)
製造(工場からの出荷年), 最大離陸重量. 撮影場所(撮影国). 撮影年
【Description】
Name of airline.
(Airline code :IATA/ICAO).
Name of Country.
Type of aircraft.(Registration number)

powered by:number of engines.manufacturer.a exact type of engines
mtow:maximum take-off weight
config:a exact seating-configuration
preID:previous identity( registration number)
mfd:month and year of manufacture
at XXX airport
:airport name(IATA code(3-letter)/ICAO (4-letter)).Country.Photo taken year

2 

このサイトについて | サイトマップ | 著作権について | 連絡先 | ©2017 BUNBUN Media Factory Inc.