世界の旅客機図鑑

機種別写真集

 ボーイング Boeing 747-LCF DreamLifter 

中部国際空港(セントレア)から、ボーイング787の部品をアメリカのボーイング社の工場(ワシントン州エバレット工場)へ輸送するためだけに改造された機体です。胴体は72mまで延長。それに伴って垂直尾翼も21.6mまで大型化されました。ボーイング747はそもそも、貨物輸送機を前提として造られていましたが、その際は前部が上下に開閉する形式ですが、この機体は尾翼付近が左右に開き内部に部品を搬入します。ボーイング787を1機組み立てるのに12回の輸送が必要になるとのことで、現在4号機まで改造され4機体制で飛んでいます。機体の所有はボーイング社ですが、運航ははじめエバーグリーン航空が、そして2010年8月からアトラス航空が運用しています。

DreamLifter

ボーイング(アメリカ) .ボーイング 747-LCF ドリームリフター 中部国際空港. 2009
Boeing.Co(U.S.A.). BOEING747-LCF(Large Cargo Freighter) DreamLifter at Chubu Centrair International Airport(NAO.RJGG) .Japan 2009

1 

このサイトについて | サイトマップ | 著作権について | 連絡先 | ©2016 BUNBUN Media Factory Inc.