世界の旅客機図鑑

機種別写真集

マクドネルダグラスDC-9 McDonnell Douglus DC-9


マクドネル・ダグラス DC-9(McDonnell Douglas DC-9)は、アメリカのダグラス・エアクラフト社が開発した双発ジェット旅客機です。リアにプラット・アンド・ホイットニーのJT8Dエンジンを双発で据え、T尾翼を持つというこの旅客機は、1965年に初飛行し、2006年まで、様々な派生形を作りながらも2400機以上も製造された傑作機です。開発当初はダグラス DC-9(Douglas DC-9)と呼ばれていまいしたが、ダグラス社がマクドネル社(1967)、そしてボーイング社(1996)と合併を行ったことにより、DC-9-10、DC-9-15/20,DC-9-30,DC-9-40,DC-9-50,DC-9-80,MD-80,MD-90,B717-200(MD-95)など様々な派生形が造られました。抜群の経済性と高信頼性が評価されて商業的には大成功をおさめましたが、売れすぎて資金、資材不足に陥いったことにより、マクドネル社と合併してマクドネル・ダグラスとなる遠因になったと言われています。

アエロナヴェスTSM(メキシコ)マクドネル・ダグラス DC-9-32(CF)(XA-URM).カンクン国際空港.カンクン,メキシコ.2014
Aeronaves TSM(-/VTM)McDonnell Douglas DC-9-32(CF)(XA-URM) .at Aeropuerto Internacional de Cancún)(IATA:CUN / ICAO:MMUN).Mexico.2014

アエロメヒコ航空(メキシコ).マクドネル・ダグラス DC-9-32(XA-DEK).エンジン形式JT8D-17.メキシコシティ国際空港(メキシコ).1998
Aero Mexio(AM/AMX)Mexico.Douglas DC-9-32(XA-DEK) .powerd by JT8D-17.Mexico City International Airport(Aeropuerto Internacional de la Ciudad de México)(MX/MMX)(Mexico).1998
セブパシフィック航空(フィリピン).マクドネル・ダグラス DC-9-32(RP-C1535).エンジン形式PW.JT8D-9A/-7B.座席Y110.ニノイ・アキノ国際空港(フィリピン).1999
CEBU PACIFIC AIR(5J/CEB).Philippines.Douglas DC-9-32(RP-C1535).powered by PW.JT8D-9A/-7B.seats:Y110. .at Ninoy Aquino International airport(MNL/RPLL).Philippines.1999

【凡例】※全て判明分のみ記載
航空会社名.(国籍).機種名.(登録記号).
エンジン(数、エンジンメーカー、形式)
座席( F:ファーストクラス.C:ビジネスクラス.PY:プレミアムエコノミー.Y:エコノミークラス)
前籍(その機体が以前に持っていた登録記号があれば記載)
製造(工場からの出荷年), 最大離陸重量. 撮影場所(撮影国). 撮影年
【Description】
Name of airline.
(Airline code :IATA/ICAO).
Name of Country.
Type of aircraft.(Registration number)

powered by:number of engines.manufacturer.a exact type of engines
mtow:maximum take-off weight
config:a exact seating-configuration
preID:previous identity( registration number)
mfd:month and year of manufacture
at XXX airport
:airport name(IATA code(3-letter)/ICAO (4-letter)).Country.Photo taken year

3 

このサイトについて | サイトマップ | 著作権について | 連絡先 | ©2010 BUNBUN Media Factory Inc.