世界の旅客機図鑑

機種別写真集

ボーイング737-600   Boeing737-600

 

ボーイングが開発した第三次世代(NG:New Generation)の737型の胴体延長タイプです。この600型、700型800型900型がそれに当てはまり、数字が大きくなるほど、胴体が長くなっています。2人乗務で、ライセンスも在来737型と共通のため、クルーの訓練費用がかからないというメリットもあります。ただし胴体直径は3.76mのためコンテナが搭載できません。-600型はボンバルディアなどのより小さな機体と競合するため、販売台数は伸びていません。

スカンジナビア航空(北欧3国) ボーイング737-683(LN-RPU).ロンドン・ヒースロー空港.イギリス.2013
Scandinavian Airlines System(SK/SAS).Scandinavia. Boeing737-683(LN-RPU).at London Heathrow Airport(LHR/EGLL).U.K.2013

【凡例】※全て判明分のみ記載
航空会社名.(国籍).機種名.(登録記号).
エンジン(数、エンジンメーカー、形式)
座席( F:ファーストクラス.C:ビジネスクラス.PY:プレミアムエコノミー.Y:エコノミークラス)
前籍(その機体が以前に持っていた登録記号があれば記載)
製造(工場からの出荷年), 最大離陸重量. 撮影場所(撮影国). 撮影年
【Description】
Name of airline.
(Airline code :IATA/ICAO).
Name of Country.
Type of aircraft.(Registration number)

powered by:number of engines.manufacturer.a exact type of engines
mtow:maximum take-off weight
config:a exact seating-configuration
preID:previous identity( registration number)
mfd:month and year of manufacture
at XXX airport
:airport name(IATA code(3-letter)/ICAO (4-letter)).Country.Photo taken year

1 

このサイトについて | サイトマップ | 著作権について | 連絡先 | ©2017 BUNBUN Media Factory Inc.