世界の旅客機図鑑

航空会社別写真集 スク―ト Scoot (TZ/SCO)

 

スク―ト Scoot (TZ/SCO)

スク―トScoot は、シンガポールの格安航空会社です。シンガポール・チャンギ国際空港を拠点にしています。2011年にシンガポール航空の出資を受けて設立され、2012年6月4日に、シドニー線・ゴールドコースト線で初就航しました。日本へは2012年10月29日から台北/桃園経由で成田線が就航しています。2013年にはタイのNOKエアと対等出資(それぞれ49%ずつ)してノックスク―トを設立しました。
 搭乗した感想ですが、さすがシンガポール航空の息のかかった会社で、機内は清潔できちんとしており、離着陸時の乗客の姿勢の注意まで細かく指示があり、安全や機内規律をしっかり遵守していることが感じられ、とても好印象を持ちました。面白かったのが、搭乗一週間ぐらい前になると「SCOOT BIZ席をBit!」みたいな(英文の)メールが送られてくること。一瞬「なんで飛行機でBIT?」と意味が分かりませんでしたが、よく読むと要するに「今ならビジネス席がまだ空いています。希望価格をBit(入札)しませんか?」ということでした。ななんと、ビジネスが売れ残りそうになると、一般席の客に「いくらならアップグレードしますか?」と入札希望を聞くのです。確かに航空会社とすれば、多少安くても空で飛ばすより、少しでもアップグレードさせた方が収益がでますので市場原理とすれば分かりますが、それを実際に行うとは・・・。すごいと感じました。ついでにもう一つ。サイトで予約していて、来るはずの確定確認メールが届かなかったので、「あれれ?」と思ってサイトを読むと、「心配ならサポートセンターに電話しろ」とあるので仕方なくサポートセンターに電話したところ、すっごいマレー語なまりの英語を話すオバさまが出て「大丈夫、メールなんて届かなくてもあんたの予約は入っているわよ。ガハハ」と言われ、スク―トのイメージがすごく変わりました。しかも(電話を切ってふと気付きましたが)電話していたのは日本語でのサポートセンターの番号でしたが、日本語が通じる雰囲気は一切感じられず、「日本語対応」といいつつも端からマレーなまり英語のみ、というサポートセンターが(シンガポールらしくない)アジアっぽくて面白いな、と感じました。

スク―ト(シンガポール)ボーイング787-8 ドリームライナー(9V-OFD)成田国際空港 2017
Scoot(TZ/SCO) Singapole.Boeing787-8 dreamliner(9V-OFD)at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan 2017
スク―ト(シンガポール)ボーイング787-9 ドリームライナー(9V-OJB)成田国際空港 2016
Scoot(TZ/SCO) Singapole.Boeing787-9 dreamliner(9V-OJB)at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan 2016
【凡例】※全て判明分のみ記載
航空会社名.(国籍).機種名.(登録記号).
エンジン(数、エンジンメーカー、形式)
座席( F:ファーストクラス.C:ビジネスクラス.PY:プレミアムエコノミー.Y:エコノミークラス)
前籍(その機体が以前に持っていた登録記号があれば記載)
製造(工場からの出荷年), 最大離陸重量. 撮影場所(撮影国). 撮影年
【Description】
Name of airline.
(Airline code :IATA/ICAO).
Name of Country.
Type of aircraft.(Registration number)

powered by:number of engines.manufacturer.a exact type of engines
mtow:maximum take-off weight
config:a exact seating-configuration
preID:previous identity( registration number)
mfd:month and year of manufacture
at XXX airport
:airport name(IATA code(3-letter)/ICAO (4-letter)).Country.Photo taken year.

 

このサイトについて | サイトマップ | 著作権について | 連絡先 | ©2017 BUNBUN Media Factory Inc.