世界の旅客機図鑑

機種別写真集

ボーイング(マクドネルダグラス)MD-11

BOEING(McDonnell Douglus) MD-11

ボーイングに吸収されてしまったマクドネルダグラス社として最後の大型旅客機です。3発エンジンワイドボディーのDC-10の後継機として開発されました。開発時には予定していた性能(特に燃費性能らしい)が出ず、開発期間が延長され、それがセールスにも響いてしまったといわれています。しかし、ボディーは広く、航続距離、燃費もそこそこ良く、航空会社での評判も良かったのですが、より燃費の良い双発機の開発、そしてマクドネルダグラス社の吸収・消滅などがあり、生産を中止されてしまいました。
結果的に2000年8月の最終機引き渡しまでに200機を製造しました。生産期間は10年。初飛行時の受注は確定126機、オプション189機だったのを考えると、なんとも寂しい結果となってしまいました。しかし機齢も浅く、容量も大きいことから、貨物機に改修されて各地で活躍しています。

 

日本航空(日本).ボーイング(マクドネルダグラス)MD-11(JA8582) 日本航空(日本).ボーイング(マクドネルダグラス)MD-11(JA8582).エンジン.3.PW.PW4460.座席F14C47Y180.製造:1993.最大離陸重量280320kg.成田国際空港 2004
Japan Airlines(JL/JAL)Japan.BOEING(McDonnell Douglas) MD-11 J-Bird(JA8582).powered by 3.PW.PW4460.config:F14C47Y180.mfd:1993.mtow:280320kg.at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan. 2004
日本航空(日本).ボーイング(マクドネルダグラス)MD-11 J-Bird(JA8584) 日本航空(日本).ボーイング(マクドネルダグラス)MD-11 J-Bird(JA8584).エンジン.3.PW.PW4460.座席C65Y168.製造:1994.最大離陸重量280320kg.成田国際空港 2002
Japan Airlines(JA/JAL)Japan.BOEING(McDonnell Douglas) MD-11 J-Bird(JA8584).powered by 3.PW.PW4460.config:C65Y168.mfd:1994.mtow:280320kg.at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan. 2002
アリタリア-イタリア航空(イタリア).MD-11(I-DUPC) アリタリア-イタリア航空(イタリア).MD-11(I-DUPC).エンジン:3.GE.CF6-80C2D1F.座席:C30Y253.製造:1984.最大離陸重量:676696kg.フィウミチーノ空港(イタリア、ローマ).2001
Alitalia - Compagnia Aerea Italiana(AZ/AZA).Italy.MD-11(I-DUPC). powerd by 3.GE.CFJ-80C2D1F.config:C30Y253.mfd:1984.mtow:676696kg.at Fiumicino Airport(FCO/LIRF).Italy. 2001
アメリカン航空(アメリカ).ボーイング(マクドネルダグラ)MD-11 アメリカン航空(アメリカ).ボーイング(マクドネルダグラ)MD-11(N762**).エンジン形式GE.CF6-80C2D1F.座席F19C56Y163.シカゴ・オヘア国際空港(アメリカ).1999
American Airlines(AA/AAL)U.S.A..BOEING(McDonnell Douglas) MD-11 (N762**).powered byGE.CF6-80C2D1F.seats:F19C56Y163.at Chicago O'Hare International Airport(ORD/KORD).U.S.A.1999
デルタ航空(アメリカ)ボーイング(マクドネルダグラス)MD-11(N814DE) デルタ航空(アメリカ)ボーイング(マクドネルダグラス)MD-11(N814DE).エンジン.3.PW.PW4460.座席C50Y219.製造:1996.最大離陸重量280320kg.成田国際空港 2003
Delta Air Lines(DI/DAL).U.S.A .BOEING(McDonnell Douglas) MD-11 (N814DE).powered by 3.PW.PW4460.config:C50Y219.mfd:1996.mtow:280320kg.at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan. 2003
ヴァリグ・ブラジル航空(ブラジル).ボーイング(マクドネルダグラス)MD-11(PP-VQI) ヴァリグ・ブラジル航空(ブラジル).ボーイング(マクドネルダグラス)MD-11(PP-VQI).エンジン形式GE.CF6-80C2D1F.座席F12C49Y221.成田国際空港 2004
Viação Aérea Rio-Grandense (RG/VRG).Brazil.BOEING(McDonnell Douglas) MD-11(PP-VQI).powered by GE.CF6-80C2D1F.seats:F12C49Y221.at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan. 2004
ヴァリグ・ブラジル航空(ブラジル).ボーイング(マクドネルダグラス)MD-11(PP-VPO) ヴァリグ・ブラジル航空(ブラジル).ボーイング(マクドネルダグラス)MD-11(PP-VPO).エンジン形式GE.CF6-80C2D1F.座席F12C49Y221.成田国際空港 2000
Viação Aérea Rio-Grandense (RG/VRG).Brazil.BOEING(McDonnell Douglas) MD-11(PP-VPO).powered by GE.CF6-80C2D1F.seats:F12C49Y221.at Narita International Airport(NRT/RJAA).Japan. 2000

【凡例】※全て判明分のみ記載
航空会社名.(国籍).機種名.(登録記号).
エンジン(数、エンジンメーカー、形式)
座席( F:ファーストクラス.C:ビジネスクラス.PY:プレミアムエコノミー.Y:エコノミークラス)
前籍(その機体が以前に持っていた登録記号があれば記載)
製造(工場からの出荷年), 最大離陸重量. 撮影場所(撮影国). 撮影年
【Description】
Name of airline.
(Airline code :IATA/ICAO).
Name of Country.
Type of aircraft.(Registration number)

powered by:number of engines.manufacturer.a exact type of engines
mtow:maximum take-off weight
config:a exact seating-configuration
preID:previous identity( registration number)
mfd:month and year of manufacture
at XXX airport
:airport name(IATA code(3-letter)/ICAO (4-letter)).Country.Photo taken year

7 

このサイトについて | サイトマップ | 著作権について | 連絡先 | ©2010 BUNBUN Media Factory Inc.